Windows7のサポート終了!Windows7以降のパソコンなら少し手を加えるだけで、Windows10が快適に動作(1)

Microsoftのサポートが2020年1月14日(火)で終了したWindows7ですが、Windows7以降のOSがインストールされているパソコンなら、少し手を加えるだけでWindows10を快適に動作させることができることをご存知ですか。

MicrosoftのWindows7とWindows10のシステム要件は、ほとんど同じ

Windows7は、2020年1月14日(火)でMicrosoftのサポートが終了し、不具合を解消するプログラムの提供を受けることができなくなりました。今後は、Windows7が動作しているパソコンは、コンピュータウィルスの感染などにさらされる危険があるため、Windows10に移行する必要があります。

Windows10を利用するには、新たにwindows10が入ったパソコンを購入するか、現在使用しているパソコンにWindowa10を導入する必要があります。

新規にパソコンを購入するのは大変だなと考えている方は、現在使用しているパソコンが、Windows7以降のOSがインストールされている物であれば、すこし手を加えるだけで「Windows10が快適に動作するパソコン」としてよみがえらせることができます。

Windows 7 のシステム要件

Microsoftのサイトには、Windows7を動作させるのに必要なシステム要件は、次のように記載されています。

  • 1 GHz 以上の 32 ビット (x86) または 64 ビット (x64) CPU *
  • 1 ギガバイト (GB) RAM (32 ビット) または 2 GB RAM (64 ビット)
  • 16 GB (32 ビット) または 20 GB (64 ビット) の使用可能なハード ディスク領域
  • WDDM 1.0 以上のドライバーを搭載した DirectX 9 グラフィックス デバイス

Windows 10 のシステム要件

Microsoftのサイトで、Windows10を動作させるのに必要なシステム要件を調べると、次のようになっています。

  • プロセッサ: 1 GHz 以上のプロセッサまたは SoC
  • RAM: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
  • ハード ディスクの空き容量:16 GB (32 ビット OS) または 20 GB (64 ビット OS)
  • グラフィックス カード: DirectX 9 以上および WDDM 1.0 ドライバー
  • ディスプレイ: 800 x 600

MicrosoftのWindows7とWindows10のシステム要件をくらべてみると、何とほとんど同じであることがわかります。つまり、Windows7以降のパソコンであれば、ほとんどのパソコンでWindows10が動作するんです。さらにメモリーの追加と、HDDをSSDに交換することにより、Windows7で使用していた時よりも快適にWindows10を利用することができるんです。

 【歴代のWindows】
MicrosoftのWindowsというOSは、1995年に発表されたWindows95から、Windows98、Windows2000、WindowsXP、WindowsVista、Windows7、Windows8、Windpws10と続きます。Windows95から、Windows98、Windows2000、WindowsXP、WindowsVistaまでは、CPUやメモリなどのハードウェアの増強が必要でしたが、Windows7以降のOSでは、Microsoftが発表しているシステム要件にほとんど違いがありません。したがって、Windows7がインストールされた10年前のパソコンでも、Windows10を動作させる能力があります。
Microsoftが発表したWindowsの歴史をみると、ユーザーに好評だったOSはWindows98、WindowsXP、Windows7、Windpws10で、不思議と1世代おきのバージョンになっています。これは偶然なのか、ユーザの不評を取り戻そうとMicrosoftが頑張ったのか、興味深い結果になっています。

◇ Windoes10が快適に動作(2)